ホーム 自然療法の取り組み コンタクト
自然療法の取り組み
協会理念協会のあゆみ協会情報協会入会案内

現在社会は、かってないストレス社会となっております。 日本人の三大疾病としてガン・脳卒中・心臓病があげられます。 そのうち脳卒中と心臓病は、肥満や糖尿病、高血圧など血管に 悪影響を与える生活習慣が起因とも言われています。


そこで、少しでもストレスからの解放と予防的見地からケアを行う 自然療法を見直す時代がきています。


自然療法は「からだの声を聴く」を主体にメディカルケア・セラピストは 介護や看護師の方、家族のケアと、サロンワークの中で、お客様に 寄り添うことができるセラピストを目指し実践しています。


身体は、今の現状を正直に反応し身体の痛み・苦痛よっては病気と なります。 これらストレスからの解放された「からだのコンディショニングつくり」 を育みクライアントに喜ばれるセラピストを目指します。


予防いがくとは

予防医学とは、「病気」になったら治すという治療医学に対して「病気 になる前に未然に防ぐ考え方」を言います。


自然療法ではセラピストが、リンパドレナージュと筋膜リリースを駆使 して予防的身体の作り方と緩和ケア・QORの推進をしております。


QORとは

Quality Of Lifu=生活の質を向上させることです。


QORとは

アスリートのコンディションを考えるフィジカルトレーニングの領域にも発揮します。


外傷の処置身体の機能を高める

ディプロマを発行致します。